本文へスキップ

若者文化研究所は若者の文化・キャリア・支援を専門とする研究所です。

TEL. メールでお問い合わせください

〒165 東京都中野区・・詳細はメールでお問い合わせください

ブックレビューCONCEPT

牧野篤「社会教育の再設計−生活の基盤としての社会教育・公民館」を読む

 若者文化研究所 西村美東士
 日本青年館『社会教育』誌6月号から標記の講義内容が連載されている。これは、東京大学で行われた公開講座「社会教育の再設計」の第5回において、予定していた講師が病気欠席のため、講座全体をコーディネートする東京大学大学院教育学研究科牧野篤教授がピンチヒッターとして登壇したときの講義録である。その内容が「生活の基盤としての社会教育・公民館−自治を再発明する」のテーマのとおり、自由で挑戦的で刺激にあふれているため、私も「ブックレビュー」として、その思いを書きとどめたくなった。
 まずは、6月号の第1回について述べてみたい。この号では、「公民館は社会をつくる自治の基盤」と書かれており、いまあらためて「生涯学習」ではなく「社会教育」の存在価値を主張する内容になっている。

牧野篤「社会教育の再設計−生活の基盤としての社会教育・公民館」日本青年館『社会教育』誌6月号ブックレビュー

廣瀬裕一「教員の資質向上」でいいのか を読む


 若者文化研究所 西村美東士

 廣瀬は、"improving teacher quality"あるいは"upgrading the quality of teachers"を、我が国では「教員の資質向上」などということについて、この表現は、いつ誰が使い始めたのか知らないが、昭和22年の文部省と日教組の覚書にはすでにあるとしたうえで、次のように批判する。「資質は本来、生得的なものを意味し、向上はしない。言葉の意味は時代とともに変化もするから、今や法律上の文言ともなった『資質』が誤用であるとは言いきれないが、日本語の不適切な使用や解釈が、教員のクオリティ向上を阻害している現状がある」。
 日本語本来の用法に立ち返って、「資質」、「研修」、「人格」、「修養」を本質的に正しくとらえなおして議論しようとする廣瀬の主張は、大きな意義を持っている。

廣瀬裕一「教員の資質向上でいいのか」、日本教育新聞社編集『週刊教育資料』教育公論社、1578号、pp.35-37、2020年8月 を読む

つづく


つづく

バナースペース

若者文化研究所

〒165-0000
詳細はメールでお問い合わせください

TEL 詳細はメールでお問い合わせください